「植物油」がかゆみの元

<植物油>
大豆油、コーン油、ごま油、菜種油、サフラワー油、米ぬか油などの種から絞って精製された油


時間のたった天ぷらはダメ!

毎日これらを大量にとると換気扇に油汚れがこびりつくのと同じように、細胞に油分が蓄積していきます。
必要以上にとり過ぎた植物油は体内から溢れ出し皮脂腺を通して皮膚表面に排出されます。
これがかゆみ、湿疹の元になります。

植物油あはアトピーを悪化させる原因になります。

植物油に多く含まれているリノール酸

リノール酸を多く含む植物油をたくさん食べると、細胞の細胞膜にリノール酸から変化したアラキドン酸が蓄積されます。アラキドン酸は、アレルギー反応にかかわるマスト細胞の細胞膜にもたくさん蓄積。するとアレルゲンに対して過敏に反応するようになります。つまり、アレルゲンに対して過敏に反応した結果、猛烈なかゆみを引き起こす物質を多量に分泌します。
かゆみを引き起こす物質ができることを抑えているのが、ステロイドホルモンの働きです。
一般的な除去食の考え方では植物油の事は問題にされていません。

リノール酸神話

リノール酸が「動脈硬化を予防したり、血液をサラサラにする効果がある」と推奨されていました。それを今でも信じているいる人も多いかもしれません。ところが、それに比例してアレルギー疾患や心臓病、脳梗塞、糖尿病などの生活習慣病も急激に増えてきた事実があります。

リノール酸を必要以上にとりすぎると問題がでる。

健康効果を証明するデータはなく、たくさんとるほどいい油ではなかった。